アリセプト 激安

アリセプトで認知症が緩和される

高齢化社会が進む日本では、高齢者が発症するケースが多いアルツハイマー型認知症も問題となってきています。

 

 

アルツハイマー型認知症とは、本来持っている脳の機能が低下してしまうことです。

 

 

これにより忘れっぽくなったり、物事を覚えていられなくなったり、話についていけなくなったり、悪化すると今までできていたことができなくなったり、異常思考・行動も見られるようになります。

 

 

現在、認知症治療薬として認可されている薬はアリセプトのみです。

 

 

一般名を塩酸ドネペジルといい、これは日本で開発された医薬品ですが、アメリカでアルツハイマー病に対しての効果が認められ、3年遅れて日本でも認可されて1999年から販売が開始されています。

 

 

アリセプトを服薬すると3か月を目安にアルツハイマー病の症状が緩和され、物忘れが減った、できることが増えた、気持ちが落ち着いてきたなどが見られるようになります。

 

 

薬の効果が切れると症状が戻ってしまうため根本的な改善には至りませんが、それでも症状が緩和されるだけでも大きな進歩です。

 

 

また現在、世界中でアルツハイマーを根本から改善するための治療計画が進められているため、今は症状の緩和に努めるようにしましょう。