アリセプト 薬価

アルツハイマー病に効果のあるアリセプトとは

これからますます高齢化社会になっていく日本では、アルツハイマー病患者も増えることが予想されています。

 

 

もし自分や家族がそうなってしまったらと思うと怖い気持ちになりますが、今は良いお薬がたくさん出ているので、まずはそれを使って、様子を見るようにしましょう。

 

 

アルツハイマー病になると、脳内物質であるアセチルコリンが不足し、神経の伝達が上手くいかなくなってしまいます。

 

 

しかしアリセプトを服用すると、アセチルコリンを分解してしまうアセチルコリンエステラーゼという酵素の働きを妨害してくれるので、脳内のアセチルコリンが増えます。

 

 

すると神経間の伝達機能が取り戻されますから、アルツハイマー病の症状が緩和されるようになります。

 

 

ですがこれはあくまで対症療法薬なので、病気の進行を遅らせることは出来ず、服用を辞めると、また元の状態に戻る可能性があるので注意が必要です。

 

 

心臓病や胃潰瘍、気管支喘息などの持病がある場合は、悪化させる恐れがあるので、まずは医師に相談することから始めましょう。

 

 

また眠気やめまい、意識障害を起こすこともあるので、服用後は車の運転は避けるようにしてください。

 

 

薬の形状は豊富で、錠剤や細粒、水がなくても飲める口腔内崩壊錠(D錠)、ゼリー剤、ドライシロップなど色々あるので、お好きなものを選ぶことが出来ます。