アリセプト 輸入

認知症かなと思ったら

今、日本では高齢化と介護が問題となっています。

 

 

特に最近では認知症による徘徊で行方不明になる人が続出していることが社会問題化しています。

 

 

中には家族との再会を果たせないまま、保護された高齢者施設で亡くなる人も少なくありません。

 

 

多くの方は保護された際より、いっそう認知症が進行して亡くなっています。

 

 

再会できずに家族を失った家族の気持ちはいかばかりでしょうか。

 

 

認知症というのはとても酷な病気で、体力は残っていても、家族の顔や名前すら忘れていきます。

 

 

そんなお互いの虚しさや悲しみを少しでも回避できるチャンスを与えてくれるのが、アリセプトという認知症治療薬です。

 

 

この薬は認知症の母を介護した経験のある、エーザイの研究者によって開発された薬です。

 

 

息子の名前も忘れて治療薬がないまま亡くなってしまった母への無念の想いと、どうにか治してあげたかったという強い信念が、薬の開発成功へと導いたのです。

 

 

なるべく早い段階でアリセプトによる治療を始めることで、アルツハイマー型認知症の進行を遅らせたり、より長く独立性を保たせることが可能となります。

 

 

もし、自分の大切な家族が認知症かなと思ったら、専門のクリニックを受診するとともに、アリセプトの利用を検討してみましょう。