アルツハイマー 医薬品

アルツハイマー型認知症の治療薬アリセプトについて

主に初老期から老年期に発症するアルツハイマー型認知症は、生活に様々な支障をきたします。

 

 

主な症状としては、記憶力低下や、行動の変化や言語障害、運動障害などで、はっきりとした発症のメカニズムが、わかっていないのが現状です。

 

 

したがって、現代の医学では、未然に予防することができないのです。

 

 

そして、これらの症状には、脳内にある神経伝達物質が関係している事がわかっています。

 

 

そして、このアルツハイマー型認知症の治療薬として、エーザイが開発したのが、アリセプトなのです。

 

 

日本初の治療薬で、現在、世界中で販売されています。

 

 

アリセプトは、病の原因と考えられる脳内の神経伝達物質の減少を抑える効果があり、それによって、症状の進行を抑える事ができるようになりました。

 

 

これによって、アルツハイマー型認知症の家族を抱える方の負担は、かなり軽減されるようになったのです。

 

 

しかし、薬には効果だけでなく副作用があるのです。

 

 

主な副作用としては、発疹や、食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛、興奮などで、この様な症状が現れた場合は、すぐに、担当の医師に相談するのが良いでしょう。

 

 

また、薬によって、意識障害や、めまい、眠気があらわれることもあるので、車などの危険を伴う乗り物の運転は控えましょう。