認知症治療薬

アルツハイマー型認知症の治療にアリセプト

高齢になるとアルツハイマー型認知症になってしまう人が増えます。

 

 

日本は、高齢化が特に進んでいますし、すでにアルツハイマー型認知症を患っている患者も多いです。

 

 

この傾向は続いて行くことが予想され、ますますアルツハイマー型認知症の治療が必要になるでしょう。

 

 

現在では、アリセプトが使われています。

 

 

脳内にはアセチルコリンという物質があるのですが、アルツハイマー病になると少なくなってしまいます。

 

 

すると、神経間の伝達が悪くなるのです。

 

 

アセチルコリンを分解する酵素であるアセチルコリンエステラーゼの働きを妨害する働きがある薬なので、アセチルコリンを減らさなくて済むというわけです。

 

 

国内初のアルツハイマー病の治療薬です。

 

 

進行の程度によっても効果を実感する可能性は変わります。

 

 

根本的な治療薬というわけではなく、進行を遅らせることができるというものです。

 

 

アリセプトを飲み続けることで、アルツハイマー型認知症の進行をゆっくりにすることは十分可能です。

 

 

飲んでいた人が、飲むのをやめてしまうと進行が急激に進む可能性も十分に考えられます。

 

 

高齢になると薬が飲みにくくなることもあります。

 

 

より飲みやすいようにゼリー状やドライシロップもあるので、飲み続けやすいでしょう。