痴呆症 治療

アルツハイマーに効果が期待できるアリセプトとは

高齢化社会の問題点がいろいろ指摘されていますが、最近よく耳にして心配なのことの一つにアルツハイマー型認知症があげられます。

 

 

テレビのドキュメンタリーなどで苦労されている方をみると、自分の親が発症してしまったらどうしようと不安になるときがあります。

 

 

しかし、最近ではアルツハイマー型認知症に効果が期待できる薬の開発も進んでいるようで、将来への希望も見えてきました。

 

 

認知症の方の介護はとても大変だと聞きます。

 

 

介護している方の人生も狂わせてしまいます。

 

 

今後、高齢化がますます加速する日本にとって、このような病気の解明はとても重要になってくるでしょう。

 

 

アルツハイマー型認知症の場合、疑わしい症状が出た場合本人より周りの人が気が付くことが多いそうです。

 

 

万が一、おかしいなと思うことがあれば、早めの治療が効果的です。

 

 

最近では、アリセプトという薬の効果が期待されています。

 

 

特に早期にアリセプトの処方を開始されていた患者は、無治療の患者より認知機能の低下を緩やかに継続させることができるそうです。

 

 

もちろん治療を途中でやめずに継続していくことが大事です。

 

 

今現在、言動や行動に問題がなくても、家族の変化を見過ごさず、何かおかしなことがあれば、病院で相談して早い治療をすることが今後アルツハイマーの治療方法となるでしょう。