認知症 アルツハイマー

アリセプトで認知症を改善

認知症になってしまうと、いろいろなことを忘れてしまいます。

 

 

ちょっと前にやろうとしていたことを忘れてしまったり、持ち物を忘れたりすることは認知症の方だけでなく、だれでもやってしまうことですよね。

 

 

認知症の場合には、同じようなことを何度も忘れてしまうのです。

 

 

ぼけの症状が重症化すると、家族や親せきや友人の顔も忘れてしまうこともあります。

 

 

これは、家族にとってもとてもつらいことですよね。

 

 

認知症になってしまったらもう治らないと思われがちですが、病院に行って適切な治療を受けることによって、その症状が改善される場合もあるのです。

 

 

アルツハイマー型認知症治療薬の、アリセプトなどを使って治療することで、症状が良くなったという患者さんもいるのです。

 

 

ですから、もうぼけてしまったからダメだとあきらめることはないのです。

 

 

ご家族に認知症の方がいるというかたは、できるだけお早目に病院にいって医師に治療の相談をしてみることをおすすめします。